ドリルねじやとがり先ねじの打込みには、通常電動ドライバーが使われ、単発打ちまたは連続打ちで作業が行われています。

1)電動ドライバーの備えるべき基本条件
(1)クラッチ機構付きのテクス用(ドリルねじ用)あるいは、ボード用(とがり先ねじ用)電動ドライバーであること。
(2)回転数がテクス用 1500~3000rpm、ボード用4000rpm以上であること。
(3)先端に深さ調整機構(ストッパー)がついていること。
(4)テクス用φ6㎜、ボード用φ5㎜が使用できるもの。(メーカーのカタログ値より)

 

2)電動ドライバー単発打ちで特に注意するべきこと

電動ドライバーの深さ調整機構(ストッパー)を使って締め過ぎに注意して下さい。ねじの締め過ぎは、頭とびやねじ破断、ねじ空転あるいは沈み過ぎなどの恐れがあります
□ 電動ドライバーの選び方
ねじの種類
下地材
適正ドライバ回転数
推奨ねじ締め機種
電動ドライバー
回転数
ドリルねじ
(切り刃先)
軽量形鋼
通常は、2500rpmが適正であるが厚板用では2000~1500rpmが適正です。
回転数が高速過ぎるとねじ先端が焼きつく場合がある。
マキタ
6801N
2500
日立
W6M
2800
W6MV2
0~3000
W6VH
1000~2500
W8V
700~1700
ドライウォールねじ
(とがり先)
薄鋼板
木質材
通常は、4000rpmあるいはそれ以上が適正である。
マキタ
6816SP

1500~4500

6817SP
6000
日立
W4SA2
6000
W5VD
1900~4500